English

Spark Structured Streamingで行う統合データ処理

昨今、ストリーム処理は以前言われてきたバッチ処理と対比される状況を越え、統合されたデータ処理として語られるようになってきています。 本セッションでは以下のような、OSSによるストリーム処理システムの流れを振り返り、最近の1つの具体例として、統合されたデータ処理を簡易に実現可能なSpark Structured Streamingについて紹介します。

その上で、実際にSpark Structured Streamingを実システムに導入してみた際に遭遇した問題や、利用感、気を付けるべきポイントについて説明します。

トークの長さ
40分
発表言語
日本語
聴衆の対象
中級者: 分野の基礎は分かるが、細かい所は不安
こんな人におすすめ
バッチ処理とストリーム処理や、その違いについて知りたい人
ストリーム処理の各種概念について知りたい人
Spark Structured Streamingの実際の使いどころについて知りたい人
発表者
木村宗太郎(kimutansk) (株式会社ドワンゴ)
私も何か話したい

票中 票投票済み

応募一覧