English

量子コンピュータをScalaでかわいくシミュレーションしてみよう♪

夢の超並列計算機、量子コンピュータの実用化が熱を帯びていますね。 量子の世界というと「シュレディンガーの猫」のようなSF話も面白いものですが、プログラマーとしてはまずアルゴリズムに興味があるところではないでしょうか? 実のところ、ゲート方式の量子コンピュータで動くアルゴリズムは、複素数の行列計算さえできれば組めてしまうのです!

しかし、複素行列を手計算するのは、なかなか骨が折れますね。 なるべく数式に近い表現で、しかも型安全に、色々な演算をサクッと実装できる言語があれば、幸せになれそうではないでしょうか? ああ。そんな、かわいらしい言語を、一つ知っています。そうです、我々の共通言語は、Scalaですから!

ということで量子コンピュータを題材に、拡張メソッドや型レベル整数といったテクニックと、その指針をご紹介します♪

トークの長さ
40分
発表言語
日本語
聴衆の対象
初心者: 分野の事前知識を必要としない
こんな人におすすめ
量子コンピュータと聞いてワクワクする方
数値計算の実装に興味のある方
発表者
鳥越貴智(piyo7) (株式会社サイバーエージェント サーバーサイドエンジニア)
私も何か話したい

票中 票投票済み

応募一覧